沖縄民謡とは…

Pocket

最近、TVCMや歌番組で、沖縄の歌を耳にすることが多くなりましたよね。
その音楽のおおもとになっているのは、地元で歌われる沖縄民謡です。沖縄出身のアーティストの音をよく聴くと、ポップ調に装飾してあっても根本的には沖縄民謡の影響を受けた音楽になっています。そこで今回は、沖縄民謡について様々な角度から見ていきましょう。

◆まず、沖縄民謡とは
まず、沖縄民謡は琉球王国ひいては沖縄県で生まれ育まれてきた独特な音楽文化です。
元来、民謡の意味は、「作者が分からぬまま民衆の生活の中で歌われ、伝承されてきた歌」です。沖縄では、数多くの民謡が伝承され、現代においても歌い続けられています。
その民謡は、三線の伴奏がつくものがあったり、太鼓や手拍子だけで歌うものや、アカペラのものまであるのです。
しかし、沖縄民謡と聞くと、多くの方は三線の伴奏に乗って歌われる哀愁ある歌、あるいは、ポップでリズミカルなメロディを思い浮かべるものですよね。
沖縄民謡のバリエーションは数多く、一くくりにすることは難しいでしょう。
近年は、音楽ジャンルの1形態として、ポップスなどに取り入れられることが多くなっています。

◆沖縄民謡独特の特徴
沖縄には、琉球王国から始まり、戦後のアメリカ統治などを経てきた歴史があります。
音楽的にも日本の他の地域と比べてみると、独特な発展をとげてきました。
主に、「音階」「リズム」「歌い方」「楽器」が挙げられます。各々の特徴を見てみましょう。
➀沖縄音階
 沖縄音階は独特な音階が特徴で、8長調「ドレミファソラシド」から「レ」と「ラ」を抜 
 く5長調が沖縄音階となります。
 この音階が、あの独特のメロディーラインを生むわけで、他の音楽との大きな違いとなっています。
➁リズム
 リズムにも特徴があり、伴奏のリズムは基本的に3連系のリズムで、メロディはこの伴奏を追いかけるような形のとても複雑なリズムになっています。メロディでは、長い音と、それに続く短い音の連続がポイントになります。
➂歌い方
 以上のリズムに合わせて歌が入るので、独特なこぶし回しがあります。
 これは、沖縄方言で歌われることが一因だと感じますが、沖縄独特の三線の音色・音階に合わせるように、三線で紡いだメロディを人が口真似しているように見えます。
➃楽器
 ◇三線(さんしん)
  三味線より少し小さい同体で、3本の弦がある楽器です。
三線は、中国の「三絃」を原型とする弦楽器で、日本の三味線の起源の一つとも言われています。胴の部分には蛇皮が張られており、三本の弦を鳴らして演奏します。
 ◇三板(さんば)
テンポのある沖縄民謡などの音楽に合わせてリズムを取る楽器です。
カチ、カチと音がして、使いなれると大変面白い楽器で、指の運動にもなり、ボケ防止にもなります。色々なパターンの打ち方があり、打ち方の型はさまざまです。
さんばは、木材でできていますが、木の材質により音が違います。
 ◇島太鼓
  エイサー太鼓とも呼ばれ、数種類の形、サイズのものがあります。
  小さい太鼓(締太鼓)の横に、横向きに寝かせた大太鼓(平太鼓)を置いて演奏すると言う独自のスタイルを持っています。
 ◇指笛
沖縄のエイサーで吹く指笛や、世界中で吹いている指笛のほとんどは舌の裏側に指をつける吹き方です。
  人差し指と親指で輪を作り内側に丸めた舌の上に乗せます。下唇と指でできる三角の穴で音が鳴ります。

◆沖縄民謡と島唄の関係は
 沖縄民謡は、俗に「島唄」とも呼ばれます。しかし、この2つは同じものではなく、沖縄民謡の中のある種のものを島唄と呼びますが、もともとは奄美で歌われる民謡を指す言葉です。現在でも、島唄と呼ばれるものには奄美の音楽も含まれています。
 

最近特に、沖縄出身アーティストの歌や音楽を聴くことが多くなってきました。どこか不思議な音階やリズムですが、沖縄独特の音楽に魅力を感じ、ハマる方も多いようです。